ホラー小説

ネタバレなしの小説レビュー

小説「幽霊詐欺師ミチヲ3/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「幽霊詐欺師ミチヲ3」を読みました。 あらすじ。 自他ともに認める幽霊詐欺師となったミチヲに新たな試練が! さらにインポッシブルとなったミッションは、果たして成功するのか!? そしてミチヲの背後に暗くかわいくたたずむマミ...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「パンドラ 猟奇犯罪検死官・石上妙子/内藤 了」を読んでみた

内藤 了さんの小説「パンドラ 猟奇犯罪検死官・石上妙子」を読みました。 あらすじ。 検死を行う法医学部の大学院生・石上妙子。自殺とされた少女の遺書の一部が不思議なところから発見された。妙子は違和感を持つなか、10代の少女の連続失踪事...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「幽霊詐欺師ミチヲ2/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「幽霊詐欺師ミチヲ2」を読みました。 あらすじ。 幽霊を騙して、財産を巻き上げる幽霊詐欺の世界に思わぬ形で足を突っ込んだミチヲ。謎の男カタリからもたらされた新たな案件に頭を悩ますが……。 前作「幽霊詐欺師ミチヲ」の続編...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「幽霊詐欺師ミチヲ/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「幽霊詐欺師ミチヲ」を読みました。 あらすじ。 借金を苦に自殺しようとしていたところ、カタリという謎の男に声をかけられた青年ミチヲ。聞けばある仕事を引き受ければ、借金を肩代わりしてくれるという。喜ぶミチヲだったが… 非...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「私のサイクロプス/山白 朝子(乙一)」を読んでみた

山白 朝子(乙一)さんの「私のサイクロプス」を読みました。 あらすじ。 出ては迷う旅本作家・和泉蝋庵の道中。荷物もちの耳彦とおつきの少女・輪、三人が辿りつく先で出会うのは悲劇かそれとも……。怪談専門誌「幽」の人気連載に書き下ろし「星...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「貞子VS伽椰子/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「貞子VS伽椰子」を読みました。 あらすじ。 ホラー映画の主演を依頼された劇団員の恵子。しかし、監督が不審死、恵子は居合わせたフリーライター・小堺と共に、現場にあった「呪いのビデオ」を観てしまう。2人は貞子に呪い殺される...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「ラブ@メール/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「ラブ@メール」を読みました。 あらすじ。 七夕の日、突然、世界中のカップルがバタバタと死に始めた。お互いを貪るように求め合った後に悶死するのだ。さらに、相手がいない者は、狂わんばかりに「愛」を求めて街を彷徨う。その姿は...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「夜は一緒に散歩しよ/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの小説「夜は一緒に散歩しよ」を読みました。 あらすじ。 作家の横田卓郎は妻を亡くし、娘の千秋と一緒に暮らしていた。妻の死後、千秋は奇妙な絵を描くようになる。人ではない異形のものを。そして、ある日をきっかけに「青い顔の女」ば...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「夜見師/中村 ふみ」を読んでみた

中村ふみさんの「夜見師」を読みました。 あらすじ。 “夜見師”―祟り神を始末する者。その存在を知る者は限られている。21歳の五明輝は、正体不明の呪いのせいで余命が3年ほどしかない。妹のために少しでもお金を稼ごうと、破格の金額で舞い込...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「どこの家にも怖いものはいる/三津田 信三」を読んでみた

三津田 信三さんの「どこの家にも怖いものはいる」を読みました。 あらすじ。 三間坂という編集者と出会い、同じ怪談好きとして意気投合する作家の三津田。その縁で彼の実家の蔵から発見された「家」に関するいくつかの記述を読むことになる。だが...