ファンタジー小説

ネタバレなしの小説レビュー

小説「幽霊詐欺師ミチヲ3/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「幽霊詐欺師ミチヲ3」を読みました。 あらすじ。 自他ともに認める幽霊詐欺師となったミチヲに新たな試練が! さらにインポッシブルとなったミッションは、果たして成功するのか!? そしてミチヲの背後に暗くかわいくたたずむマミ...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「幽霊詐欺師ミチヲ2/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「幽霊詐欺師ミチヲ2」を読みました。 あらすじ。 幽霊を騙して、財産を巻き上げる幽霊詐欺の世界に思わぬ形で足を突っ込んだミチヲ。謎の男カタリからもたらされた新たな案件に頭を悩ますが……。 前作「幽霊詐欺師ミチヲ」の続編...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「幽霊詐欺師ミチヲ/黒 史郎」を読んでみた

黒史郎さんの「幽霊詐欺師ミチヲ」を読みました。 あらすじ。 借金を苦に自殺しようとしていたところ、カタリという謎の男に声をかけられた青年ミチヲ。聞けばある仕事を引き受ければ、借金を肩代わりしてくれるという。喜ぶミチヲだったが… 非...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「私のサイクロプス/山白 朝子(乙一)」を読んでみた

山白 朝子(乙一)さんの「私のサイクロプス」を読みました。 あらすじ。 出ては迷う旅本作家・和泉蝋庵の道中。荷物もちの耳彦とおつきの少女・輪、三人が辿りつく先で出会うのは悲劇かそれとも……。怪談専門誌「幽」の人気連載に書き下ろし「星...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「夜見師/中村 ふみ」を読んでみた

中村ふみさんの「夜見師」を読みました。 あらすじ。 “夜見師”―祟り神を始末する者。その存在を知る者は限られている。21歳の五明輝は、正体不明の呪いのせいで余命が3年ほどしかない。妹のために少しでもお金を稼ごうと、破格の金額で舞い込...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「死者のための音楽/山白 朝子(乙一)」を読んでみた

山白 朝子(乙一)さんの「死者のための音楽」を読みました。 あらすじ。 死にそうになるたびに、それが聞こえてくるの――。手首を切った母が搬送された病室で、美佐は母の秘密を知る。幼い頃から耳が不自由だった母は、十歳のときに川で溺れて九...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「クララ殺し/小林泰三」を読んでみた

小林泰三さんの小説「クララ殺し」を読みました。 あらすじ。 大学院生・井森はある夜、緑豊かな牧草地の世界に迷い込む。夢の中では間抜けな蜥蜴・ビルになってしまう井森は、そこで車椅子の美少女・クララと「おじいさん」と呼ばれる男に遭遇する...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「アリス殺し/小林 泰三」を読んでみた

小林泰三さんの小説「アリス殺し」を読みました。 私が小林さんの作品を読むのはこれで、三作目になります。 そして、すっかり小林ワールドにハマってしまいました。 ここまで三作読んでみて思うことは、おそらく小林さんの作品は好き嫌...