ハードボイルド小説

ネタバレなしの小説レビュー

小説「熱帯夜/曽根 圭介」を読んでみた

曽根 圭介さんの小説「熱帯夜」を読みました。 あらすじ。 猛署日が続く8月の夜、ボクたちは凶悪なヤクザ2人に監禁されている。友人の藤堂は、妻の美鈴とボクを人質にして金策に走った。2時間後のタイムリミットまでに藤堂は戻ってくるのか?ボ...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「結婚詐欺師/乃南アサ」を読んでみた

乃南アサさんの小説「結婚詐欺師」を読みました。 この小説は上下巻と分かれているのですが、上下巻を一気に読みました。(止まりませんでした) あらすじ。 橋口雄一郎は40代のプロの結婚詐欺師。カツラ・洋服・職業・車を使い分けて変身...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「TATSUMAKI 特命捜査対策室7係/曽根 圭介」を読んでみた

曽根圭介さんの小説「TATSUMAKI 特命捜査対策室7係」を読みました。 あらすじ。 鬼切壮一郎は新人刑事として捜査一課に配属になる。一課といっても殺人捜査係ではなく、「未解決事件」を専門に扱う特命対策室だった。配属初日、壮一郎は...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「藁にもすがる獣たち/ 曽根圭介」を読んでみた

曽根圭介さんの小説「藁にもすがる獣たち」を読みました。 私の中で、曽根さんの作品にはハズレがないです。 どれもこれも面白い。 あらすじ。 サウナの客が残していったバッグには大金が!?持ち主は二度と現れず、その金で閉めた理...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「暗殺競売(殺し屋.com)/ 曽根圭介」を読んでみた

曽根圭介さんの小説「暗殺競売」を読みました。 この小説は別名、「殺し屋.com」です。 タイトルが違うので、別々に買ってしまいそうですが中身は同じという。 かくいう私も、別々に買いそうになりました。 すんでのところで...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「工作名カサンドラ/曽根圭介」を読んでみた

曽根圭介さんの小説「工作名カサンドラ」を読みました。 ネタバレしない程度に、感想を書きたいと思います。 あらすじ。 奥多摩山中で、両耳と鼻を削ぎ落とされた男が発見された。警視庁刑事・荻大治郎は、必死に事件に食らいつく。だが事態...