ネタバレなしの小説レビュー

ネタバレなしの小説レビュー

小説「夜見師/中村 ふみ」を読んでみた

中村ふみさんの「夜見師」を読みました。 あらすじ。 “夜見師”―祟り神を始末する者。その存在を知る者は限られている。21歳の五明輝は、正体不明の呪いのせいで余命が3年ほどしかない。妹のために少しでもお金を稼ごうと、破格の金額で舞い込...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「どこの家にも怖いものはいる/三津田 信三」を読んでみた

三津田 信三さんの「どこの家にも怖いものはいる」を読みました。 あらすじ。 三間坂という編集者と出会い、同じ怪談好きとして意気投合する作家の三津田。その縁で彼の実家の蔵から発見された「家」に関するいくつかの記述を読むことになる。だが...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「死者のための音楽/山白 朝子(乙一)」を読んでみた

山白 朝子(乙一)さんの「死者のための音楽」を読みました。 あらすじ。 死にそうになるたびに、それが聞こえてくるの――。手首を切った母が搬送された病室で、美佐は母の秘密を知る。幼い頃から耳が不自由だった母は、十歳のときに川で溺れて九...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「エムブリヲ奇譚/山白 朝子(乙一)」を読んでみた

山白朝子(別名:乙一)さんの「エムブリヲ奇譚」を読みました。 あらすじ。 「わすれたほうがいいことも、この世には、あるのだ」無名の温泉地を求める旅本作家の和泉蝋庵。荷物持ちとして旅に同行する耳彦は、蝋庵の悪癖ともいえる迷い癖のせいで...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「恐怖小説 キリカ/澤村伊智」を読んでみた

澤村伊智さんの「恐怖小説 キリカ」を読みました。 あらすじ。 本当にごめんなさい。日本ホラー小説大賞は、ついうっかり「本物」を世に出してしまいました。 澤村さん、〇〇を本当に〇〇のは止めましょうよ。――貴志祐介 『ぼぎわんが...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「ずうのめ人形/澤村伊智」を読んでみた

澤村伊智さんの「ずうのめ人形」を読みました。 あらすじ。 不審死を遂げたライターが遺した原稿。オカルト雑誌で働く藤間は、作中に登場する「ずうのめ人形」という都市伝説に惹かれていく。読み進めるごとに現実に現れる喪服の人形。迫り来る怪異...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「よもつひらさか/今邑 彩」を読んでみた

今邑 彩さんの「よもつひらさか」を読みました。 あらすじ。 現世から冥界へ下っていく道を、古事記では“黄泉比良坂”と呼ぶ―。なだらかな坂を行く私に、登山姿の青年が声をかけてきた。ちょうど立ちくらみをおぼえた私は、青年の差し出すなまぬ...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「ぼぎわんが、来る/澤村伊智」を読んでみた

澤村伊智さんの「ぼぎわんが、来る」を読みました。 あらすじ。 幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の噛み傷を負った...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「熱帯夜/曽根 圭介」を読んでみた

曽根 圭介さんの小説「熱帯夜」を読みました。 あらすじ。 猛署日が続く8月の夜、ボクたちは凶悪なヤクザ2人に監禁されている。友人の藤堂は、妻の美鈴とボクを人質にして金策に走った。2時間後のタイムリミットまでに藤堂は戻ってくるのか?ボ...
ネタバレなしの小説レビュー

小説「クララ殺し/小林泰三」を読んでみた

小林泰三さんの小説「クララ殺し」を読みました。 あらすじ。 大学院生・井森はある夜、緑豊かな牧草地の世界に迷い込む。夢の中では間抜けな蜥蜴・ビルになってしまう井森は、そこで車椅子の美少女・クララと「おじいさん」と呼ばれる男に遭遇する...