餃子の王将「キムチ焼き飯と餃子」を食べてきた

グルメブログ

餃子の王将に行ってきました。

時刻は19時。

店内はそこそこ賑わっており、家族連れがメインでした。

9月後半ということもあり、店内は冷房が切ってあるのか、少し暑く感じました。

私は席に着くと店員さんを呼び、キムチ焼き飯の大盛りと餃子を注文しました。

待っている間、冷たい水を飲み体を冷やします。

やはり、店内が暑く感じます。

10分ほど経つとキムチ焼き飯の大盛りが運ばれてきました。

予想よりも量が多く、大盛りの100円増しは良心的だと思えます。

スープも付いていました。

正直なところ、「スープはいらないな」と思ってしまいましたが、せっかくなので頂くことに。

それから1分もしないうちに、餃子も運ばれてきます。

まずは、キムチチャーハンからいただきます。

蓮華で口へ運ぶと、キムチの香りが口いっぱいに広がります。

辛さは少なめに感じました。

具も少なめで、卵と少量の長ネギ、メインのキムチはたっぷり入っていましたが、もう少しネギが多いと嬉しかったですね。

肝心の味はというと、「とても美味しい」というのが率直な感想です。

辛さは少なめだと言いましたが、食べていると汗が止まらなくなってきました。

唐辛子の辛さは後から来るのでしょうか。

それとも、店内の室温が高いのと、熱い料理を食べたことで汗が噴き出ているのでしょうか。

きっとどちらも影響しているのかもしれません。

汗が止まりません。

ここは、いったん汗を抑えるため餃子に逃げましょう。

見た目は少し大きめの餃子です。

酢だけでシンプルに頂くことにしました。

一口かじってみると、表面はパリパリで味も良く箸が進みます。

見た目は大きいけれど、中身は少なめでした。

具はシンプルに、キャベツと挽き肉とニンニク。

この味で、6個で240円なら安いと言えるでしょう。

試しに、餃子のタレでも食べてみましたが、酢だけでシンプルに頂いた方が美味しいように思えました。

きっとタレでごまかさずとも、元の味が良いためでしょう。

餃子の王将では、酢で餃子を食べるのがお勧めです。

卵スープに関しては、最初はいらないと思ったものの、陰の主役とも呼べるような大きな存在でした。

薄味(キムチチャーハンと比べて)で優しい味でした。

量の多い大盛りのキムチチャーハンの味のマンネリ化を防ぐ効果と、キムチの辛味を中和する効果があって、有り難い存在でしたね。

全体的に思った以上にボリュームがあり、食べ終わった後はお腹がパンパンです。

全部で900円くらいでしたが、夕飯が1000円以下なら確実に安いでしょう。

店を出てからは、自分が臭くなっているのを感じました。笑

餃子のニンニクと、キムチは思った以上にニンニクが効いていたのでしょう。

また、食後はやけに汗をかきました。

辛味は少なめだと思っていましたが、実はけっこう効いていたのかもしれません。

唐辛子のカプサイシン効果で、代謝が良くなっていたのかもしれませんね。

そして、やけに喉が渇きました。

翌日の朝に体のむくみも感じました。

私は人生でむくみを感じたことが数えられるくらいしかないので、とてもビックリしました。

けっこう塩分が濃かったのかもしれません。

王将に行く日は、その他の食事で塩分を控えた方が良いかもしれませんね。

ですがとても美味しかったので、また近いうちに行きたいと思える店です。

ごちそうさまでした。