小説「アンダー・ユア・ベッド/大石圭」を読んでみた

ネタバレなしの小説レビュー

大石 圭さんの小説「アンダー・ユア・ベッド」を読みました。

あらすじ。

ある雨の降る晩。突然、僕は佐々木千尋を思い出した。19歳だった彼女と僕がテーブルに向き合ってコーヒーを飲んだこと。彼女の亜麻色の髪、腋の下の柔らかそうな肉、八重歯、透けて見えたブラジャーの色や形…9年も前の、僕の人生のもっとも幸福だった瞬間―。そして僕は、佐々木千尋を捜してみることに決めた。もう一度、幸せの感触を思い出したいと願った―。それは盲目的な純愛なのか?それとも異常執着なのか?気鋭が書き下ろす問題作。

私は小説に限らず、漫画や映画などはすべて、事前情報を極力入れないようにしています。

↑にあるような、簡単な作品紹介すら読みません。

だって、少しでも事前情報を入れてしまうと、作品本来の楽しみ方ができませんから。

これは私の経験的に、事前情報を一切シャットアウトしておいた方が、楽しめるんですね。

ということで、今回の「アンダー・ユア・ベッド」も何も知らない状態で読み始めたのですが、すぐに驚きを味わうことになりました。

私はなんとなく、オカルト系のホラーかと思っていたんです。

タイトルもちょっとそれっぽいですし、なによりも大石さんと言えば「呪怨」のイメージがあったので、勝手にオカルトの怪談を想像していました。

だから、読んでみてビックリ。

幽霊が出てこないどころではなく、そもそもホラーとしての括りに入れてはいけないような作品でした。

一応、ジャンル的にはホラーになるんでしょうか。

恐怖エピソードはほぼ0に近いです。

でも、楽しめます。

なんというか、十代の頃の気持ちを思い出してしまうような作品でした。

とくに男性が読めば、きっと十代の頃の淡い恋心を思い出すと思います。

ネタバレしないように説明するのは少し難しいのですが、ある男の初恋の物語なんです。

その男はとても不器用で、恋心を表現するのが苦手なんです。

苦手?・・・苦手なんてもんじゃないですね。

思いっきり歪んます。

これでもかと歪んではいるものの、好きな人を想う気持ちは誰よりも純粋なんです。

後は、あなたが読んでのお楽しみ。

きっと楽しめます。

世界観にどっぷり浸かれると思います。

ホラーを求めて読んだら拍子抜けをする可能性はありますが、良作小説です。

私自身、オカルト作品だと勝手に決めつけて読み始めたにも関わらず、ハマっちゃいましたから。

思いっきり歪んでいるけれど、誰よりも真っすぐな恋心を持った男の話です。

ぜひ、その矛盾をお楽しみください。


アンダー・ユア・ベッド (角川ホラー文庫) [ 大石圭 ]