小説「貞子VS伽椰子/黒 史郎」を読んでみた

ネタバレなしの小説レビュー

黒史郎さんの「貞子VS伽椰子」を読みました。

あらすじ。

ホラー映画の主演を依頼された劇団員の恵子。しかし、監督が不審死、恵子は居合わせたフリーライター・小堺と共に、現場にあった「呪いのビデオ」を観てしまう。2人は貞子に呪い殺される前に、入れば伽椰子に捕まり二度と戻れなくなるという「呑む家」への侵入を決意。呪いの相殺を狙い、その顛末を映像に記録することに。撮影班が次々と姿を消していく中、ついに貞子と伽椰子が姿を現わし…。ホラーの歴史を変える最恐対決!

正直なところ、全く期待せずに読みました。

「○○ VS ××」みたいな映画はけっこうありますが、私の中でそれらの8割以上はハズレなんで、これも期待していませんでした。

ところが、どっこい。

読み始めてみると、「あれ?ちょっと面白いぞ?」→「いや、ちょっとじゃなく結構面白いぞ!」と心の声が変化していき、最後までページをめくる手が止まることなく楽しんでしまいました。

食わず嫌いって良くないですね。笑

さすが黒史郎さんが書いただけのことはあり、文章が上手く、ホラーの基本を抑えて書いてくれているんです。

ですので、もう誰もが知っている「貞子」だったり「伽椰子」が、未だに怖く思えるんです。

怖さというのは、未知とセットにしないとあまり活きないんですよね。

人は、自分がすでに知っているものはたいして怖くないんです。

これは自動車が良い例ではないでしょか。

車に轢かれたら死んでしまう可能性が充分にあるはずなのに、多くの人はビビらずに車が走っている真横を通過します。

これは自動車をよく知っているために、怖さが薄れてしまっているんじゃないかと思われます。

そういう意味で、もう充分に知ってしまっている「貞子」や「伽椰子」で怖がらせるのって、至難の業じゃないかと思うんです。

でもこの本は、ちゃんと怖がらせてくれますよ。

まあやはり、既知である以上恐怖度はあまり高くありませんが、「貞子」や「伽椰子」の味を壊すことなく、ホラーな世界観へ引き込んでくれます。

ただし、注意点として。

これは期待値を高めて読む小説じゃないと思います。

あくまでも、「B級グルメ」を食べるような感覚で読むものじゃないかな、と思います。

そしたら、きっと「美味しい」はずですよ。

ちなみに私、「貞子VS伽椰子」の映画は観てないんです。

いろいろとツッコミを受けそうですが、映画はどうにも観る気がしませんで。

映像は過去の作品で充分に楽しんだ感があるんで、もういいかな、と。笑(ただこれも、食わず嫌いな可能性がおおいにありますが)

どうやら、映画と小説はストーリーが違うそうです。

そういう意味で、映画を観た方でも全く違うストーリーを楽しめるみたいです。

とりあえず今の私としては、小説バージョンはお勧めできます。(この先映画を観て心が動くことがあれば、映画も勧めるかもしれません)


貞子VS伽椰子 (角川ホラー文庫) [ 白石晃士 ]