吉野家の季節限定メニュー「タコライス」を食べてみた

グルメブログ

吉野家と言えば、なんと言っても「牛丼」でしょう。

2017年現在、牛丼屋チェーンは日本にいろいろありますが、吉野家は元祖と言って良いのではないでしょうか。

今回私は、その吉野家へと行ってきたのですが、牛丼は注文せずに季節限定メニューを頼みました。

入店は18時頃だったと思うのですが、店内には客が私を含めて3名ほど。

「おいおい、夕飯時にこの客数で大丈夫なのか?」

と、お節介な心配をしたものの、そんなことよりも私の注文です。

口頭で、2017年の夏季限定(?)メニュー「タコライス」の大盛りを頼みました。

3分もしないうちに、運ばれてきました。

チーズとレタスと挽き肉(そぼろ)が、白米の上に乗っているシンプルなメニューです。

彩が綺麗ですね。

辛さを加えるソースが付いていますが、私は辛党ではないのでこれは加えずにいただきました。

軽く混ぜてから口へ運んでみると・・・「うん、美味い」。

レタスには味がほとんどありませんし、チーズも単体では米に合うような味でありません。

上にかかっているトマト系のソースと、肉そぼろが味のメインです。

ですので、よく混ぜて食べた方がより美味しくいただけるように思います。

私は個人的にメキシコ料理が好きなので、あっという間に完食。

まさか吉野家でメキシコ料理が食えるとは、2000年頃には考えられないことでしょう(笑)

余談ですが、牛丼屋がいろいろメニューを工夫するようになったのは、2003年頃にBSE問題で米国からの牛肉が輸入できなくなったことが発端だったように記憶しています。

そのころから、牛丼屋で牛丼以外の食べ物が提供されるようになったように思います。

あれから十数年、まさかメキシコ料理まで食べられるようになるとは。

もはや、吉野家の牛丼以外のメニューは、豚丼やカレーだけじゃないんですね。

タコライス、とても美味しかったです。

ただ「これを頻繁に食べたいか?」と聞かれたら、即答はできません。

ですので、季節限定メニューにするのは正解なのかもしれませんね。笑

また来年の夏にこのメニューがあれば、頼みたいと思います。