小説「どこの家にも怖いものはいる/三津田 信三」を読んでみた

ネタバレなしの小説レビュー

三津田 信三さんの「どこの家にも怖いものはいる」を読みました。

あらすじ。

三間坂という編集者と出会い、同じ怪談好きとして意気投合する作家の三津田。その縁で彼の実家の蔵から発見された「家」に関するいくつかの記述を読むことになる。だが、その五つの幽霊屋敷話は、人物、時代、内容などバラバラなはずなのに、奇妙な共通点が…。しかも、この話を読んだ者の「家」には、それが訪れるかもしれないらしい。最凶の「幽霊屋敷」怪談!

賛否がはっきり分かれそうな作品でした。

と言いますのも、この作品は小説というよりも実話怪談の短編集なんですね。

創作モノのホラーではなく、おそらく現実として起こった怪談を集めてその共通項を探っていくという話なんです。(実話怪談風なのかもしれませんが)

ですので、幽霊やあの世を信じている方には滅茶苦茶怖いのではないかなと思います。

一方で、幽霊やあの世を一切信じていない方だと、「創作で良いからもっと怖い思いさせてよ」と思ってしまうかもしれません。

私は後者のタイプなので、もっと怖がらせてほしかったな、と。笑

誤解がないように言っておきますが、怖かったんですよ。

怖かったんですが、実話怪談特融の「解決されない感」が強くて、モヤモヤが残ってしまったんです。

物語を読んでいて、途中まではとても楽しめるんですが、最後で「え?あれ?あ、そうか。これ実話だから最後が尻切れトンボなのか。」と心の中で呟いてしまうわけです。

いやー、ホラー小説って難しいんですね。

実話を扱えば文句を言われて、創作すればまた別の文句を言われて。笑

これはきっと個人の好みの問題なのでしょう。

実話系が好きなら実話を読めばいいし、創作が好きなら創作を読めばいいわけです。

あくまでも私個人は創作が好きだなと思った次第です。

そして、関係ない話を少しだけ挟むと、今回思ったことは、澤村伊智さんの「ずうのめ人形」は「どこの家にも怖いものはいる」にインスパイアされて作られたんじゃないかな、と。

そう考えると、「どこの家にも怖いものはいる」が、後世の作品に影響を与えるくらい素晴らしい作品であることは間違いないでしょう。

ただし、好みは分かれそうです。


どこの家にも怖いものはいる (中公文庫) [ 三津田信三 ]