小説「ぼぎわんが、来る/澤村伊智」を読んでみた

ネタバレなしの小説レビュー

澤村伊智さんの「ぼぎわんが、来る」を読みました。

あらすじ。

幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、今は亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか?愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか…。第22回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。

澤村さんは、「ぼぎわんが、来る」でホラー小説大賞を受賞して小説家になられたようです。

言ってみればデビュー作ですね。

結論から言うと、非常に楽しめました。

普段、小説をよく読む人も、あまり読まない人もどちらも楽しめるように思います。

王道オカルト系ホラーとでも言いましょうか。

変化球ではなく、ドストレートの直球ホラーです。

たとえば、ネットの怖い話が好きな人にはヨダレモノのご馳走になりそうです。

私も王道ホラーや怖い話が大好物なので、めちゃくちゃ美味しくいただきました。笑

澤村さんは、読者の恐怖心を煽るのが上手いのはもちろんなのですが、登場人物の心理描写も上手いんですよ。

幽霊やバケモノも怖いけど、人間の心も怖いよねっていうことをストーリーで示してくれているかのようです。

昔から言いますからね、悪霊みたいな悪いモノは、人の汚い心に憑りつくものだと。

心理学などの学問がなかったころは、心の病も悪魔や妖怪のせいにされていたりした歴史があるくらいですからね。

ホント、練られた物語だと感じました。

読めば読むほど、どんどん先が気になってしまい、コーヒーを飲んで眠気を飛ばしてまで読んでしまったくらいです。(登場人物がコーヒーを飲むシーンがありまして、それに触発されたのかもしれませんが)

私の場合は「ぼぎわんが、来る」の前に「ししりばの家」を読んでいたのですが、二つの作品の世界観が繋がってるんですね。

「あ、なるほど。この人の過去にはこんなことがあったのか!」

という発見もあります。

もしかすると、澤村さんの作品はすべて繋がっているのかもしれません。

これは近いうちに、今出版されている作品をすべて読まなくてはなりませんね。

また、今後の澤村作品にも期待大です。

澤村さんの新作を読むという、今後の私の楽しみが増えました。

ホラーが好きな人、怖い話が好きな人は間違いなく読んだ方が良いですよ。

夏の風物詩として、夏に読むのも良いかもしれません。


ぼぎわんが、来る [ 澤村伊智 ]