池袋の開楽 本店「餃子定食」を食べてきた

グルメブログ

池袋にある「開楽(カイラク)本店」へ行ってきました。

私は平日の19時ごろに来店。

店内はそこそこ混んでいますが、並ぶことなく入れました。

内装はちょっとおしゃれな感じです。

中華屋によくあるような、床やテーブルがベタベタするということもありません。

見渡すと、この時間でも一人客が多く、一人で入りやすい店のようです。

早速メニューを開き、餃子定食を注文しました。

実はメニューを見るまでもなく、事前に頼むものを決めていたんですが一応迷うふりを。笑

注文後、一分ほどで来ました。

一分って早すぎません?

事前に作り置きしていたのでしょうか?

まあでも、冷めている様子もありませんので、気にせずいただきましょう。

まずはメインの餃子から。

うん、美味い。

皮が厚くて、噛みごたえがあります。

普通の餃子なら焦げ目の部分がパリパリですが、こちらはパリパリというより少し硬いくらいに感じます。(硬さを感じたのは、作り置きだったからかもしれません。笑)

焦げ目以外の皮の部分はモチモチです。

中身はしっかり入っています。

具はキャベツ、ニンニク、挽き肉。

肉汁がたっぷりで、餃子というよりも焼いた小籠包に近いかもしれません。

上手に食べないと、肉汁がこぼれてしまいもったいないです。

味もしっかりついているので、タレもそれほどつけなくても美味しくいただけます。

餃子を口に含み、続けて白米を口に運ぶ、これがたまりません。笑

残念な点は、餃子がとても大きいので、すぐに白米が足りなくなってしまいます。

たぶん、若い男性は大盛りにしないとだめでしょうね。

大盛りにせずともそれなりにはボリュームがあるんですが、男性の場合は普通盛りでは満腹にならないかもしれません。

次にスープをいただきましょう。

スープは優しい薄味でです。

食後に飲むと落ち着きます。

開楽の餃子定食を食べて思ったことは、今まで食べてきた餃子とは良い意味で少し違うということです。

繰り返しになりますが、餃子を食べたというよりも小籠包を食べたような気分です。

仮に小籠包を食べたとすると、この料金はとても安いです。

餃子定食が640円ですからね。

池袋の駅近でありながら、この料金とクオリティーです。

良い店だと思います。

また池袋に行った際には寄りたいと思えました。

ごちそうさまでした。